neko

Social-infoknowledge@起業家経営日誌 with livedoor blog

 新米起業家の毎日を経営日誌として掲載しています。設立に関する商業登記の話、マーケティングの話、社会保険関連、ビジネス関連の話などを掲載しております。  ご覧になって下さっている方により良い影響を与えていけましたら幸いに存じます。

 久しぶりの更新です。最近の生活やライフスタイルの変化として、昨年に「合同会社」の法人から「個人事業主」に変更して開設して、これまで進めずに残してしまっていたプログラム改良やWebサイトのコンテンツ拡張など法人と異なり利益目的だけではなく、自分の考えや研究の側面からこれからの営業方針を定めることができるようになり、肩の荷がおりたように気持ちで事業を進めることができるようになりました。

 さて最近の個人事業主としての営業方針として、プログラミングスキル向上は勿論、より実用的に、開発手法を可視化できるように「フレームワーク」を使用したWebコンテンツ開発に着目して、より体系的で実用的に開発手法を可視化していこうと考え、MVCモデルパターンのPerl言語での代表的なフレームワークである「Catalyst」を使用したモジュール開発を進めています。今回はこのフレームワークをご紹介して書かせて頂きます。

 PerlとはPractical Extracition and Report Languageの頭文字をとったプログラミング言語で当初はレポート作成言語として開発されており、文字の処理能力に優れた開発言語です。Perlはインタプリタ言語で1986年にLarry WAll氏によって生まれたUNIX文化に色濃く移す言語であり、UNIXはもちろんWindows、マッキントッシュなど様々なOS上で動かすことができ、実用性と多様性を重視しており、CGI言語としての使用は勿論、ウェブ・アプリケーション、システム管理、テキスト処理などのプログラムを書くのに広く用いられています。


 さてここでご紹介するフレームワークとは基本テンプレートコードを呼びます。フレームワークを使った開発では開発方針や基本的なコードはフレームワーク部分によって事前に組まれているため、開発時間の短縮、開発生産性の向上につながります。またフレームワークによって構造の統一化が図られ、リリース後のカスタマイズも容易にできます。


 今回、ご紹介するCatalystはWebアプリケーションを開発するためのWebアプリケーションフレームワーク(WAF)と呼ばれperl言語を使用したWebアプリケーション開発で代表的なフレームワークの一つとして知られています。このCatalystを選択した理由として比較的ドキュメントが豊富で解析が容易であったためこのフレームワークを選択しています。


 なぜPerlのプログラミングスキルを伸ばしていこうと考えたのか。それは個人的な趣向です。情報業界の現況として現在AI開発などが主流となってきて、Python言語でGoogleライブラリを使用した開発が着目されているようで、興味はあるのですが、Perlの読みかけの書籍などが数書籍手元にあり今回はPerl言語開発をマスターしていきたいと思います。


 以下、私が制作中のPerl言語やフレームワーク解析を進めて書かせていただいているドキュメントサイトです。参考程度。

▶ドキュメント制作サイト:Object Oriented Perl DocumentWorkSpace

 
 このフレームワークは10年前から存在しておりますが度その利便性を考えると現在でもMVCパターンを使用したフレームワークは使用されています。今、解析を進めているのは[Catalyst]ですが、後々[dancers]など他の代表的なフレームワークの解析も進めていきたいと考えています。


 実際このテンプレートコードを使用してみた感想は、前述のとおり基本的なコードが組まれていることで非常に使いやすく効率的にプログラミングを進めていけることができることは当然ですが、構造の単一化がしやすいことが特徴的だと感じました。このフレームワーク解析を進め更にドキュメントサイトの制作を進めていきながら、将来的な開発事業の課題として「可視化した開発手法」をテーマに解析を進めていきたいと考えています。


 さて最後に余談ですが、先日母校の埼玉大学卒業生が経済和会の懇親会に出席してきました。そこで「ニュートリノ」で研究を進めノーベル物理学賞を受賞した梶田栄誉教授と出会い、ご一緒に記念撮影を撮らせていただきました。その分野で世界的にその実績と功績を認められた権威のある方にお会いし、「握手を取り交わして記念撮影」という人生で得ることがあるかどうかの機会を頂戴し、誠に感激、感謝でした。

 私もこの機会を糧にして更に自分なりにテーマをもって営利目的だけではなく、研究的な側面からも考慮して事業方針を定めていこうと決意した機会となりました。

 昨日は埼玉大学経和会総会に参加して参りました。錚々たるメンバーの中誠に恐縮ではありますが今回初出席をさせていただきました。こういった機会がなければ聞くことができない講演会、教授の見識を深めるお話、先輩方のご活躍の話、今後の大学経営など今後の私にとって非常に有益なお話をさせていただく機会を頂戴いたしました。

 この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 今回私にとって大変嬉しかったことは企業経営をなされている尊敬する先輩方に出会えたこと。皆様、気さくな方で初参加の私にも気軽にお声がけをして下さり貴重なお話をいただき深く感銘を受けました。

 さて今回の埼玉大学経和会に出席して私にとっての有益な情報として埼玉大学に設置されているオープンイノベーションセンターの催しと産学官連携協議会についての情報を聞くことができたこと、地域創生を目的とした新事業・新産業・新事業・ベンチャーの創出に向けての取り組みは今後私がどのように埼玉大学と関連機関と向き合っていくのか人生における大きな課題を与えて下さいました。

 今後も大学主催の場に参加して同窓生、異業種交流・情報交換を積極的に図りながら少しずつ【課題づくりと学問・研究・人生への問い】を行っていきたいと考えています。来年もぜひ参加させていただきたく心よりその機会が訪れることを楽しみにすると共に自分の更なる成長を目指してこのような機会を今後の糧にしてこれからも励んでいきたいと思っております。来年度も宜しくお願い申し上げます。

20141123_2
 インフォメーションとして10月31日に今回5回目を迎える埼玉大学の同窓生や恩師と親睦を深める【ホームカミングデイ】が開催されるとのこと。これをご覧になる方で参加を決めていただけると嬉しく存じます。

 さて夏が過ぎると毎年恒例の【むつめ祭】がやってきますね。昨年も参加しましたが今年も時間を作って参加したいと思っていますので宜しくお願い致します。
 
 皆様にお会いできますことを心より楽しみにしております。

 決算申告の提出を終えやっとひと段落です。今回は『前期の事業報告並びに今後の事業展開』について書いていこうと思います。まずは前期の事業報告から簡潔に申し上げたく宜しくお願い申し上げます。
 前期はインターネットを活用した電子商取引のためのコンテンツサイト制作と取引先開拓・提携及び仕組み作りとソーシャルメディアを活用したプロモーションとブランディングに注力し、仕組みづくりといった面では順調に計画通りに進行していると感じています。売上の面では現時点ではまだ誇れる成績ではありませんが、私自身弊社の運営に関しては長期的に売上を伸ばしていこうと考えておりますのでそのフェーズで評価を行うのはまた次回に繰り越しにしたいと考えております。その旨ご理解頂けますようお願い申し上げます。
 まだまだ設立して2年目です。より皆様からご支援が得られるような活動を目指して事業に取り組んで参ります。

 さて今期の事業方針ですが事業報告書では次のように書かせていただきましたのでこの場を借りてご報告申し上げます。
 平成27年度上期は前期より引き続き電子商取引の基盤改良とe-commerceサイト活性化による売り上げ拡大を主軸に事業に取り組んで参ります。主な取り組みとしてこれまで通りプロモーション・ブランディング研究を推し進めながら次の項目を挙げさせていただいております。
  ①e-commerceサイト活性化に向けた改良と予算案に沿った利益獲得 
  ②ブランディングプロジェクトの立案と実施 
  ③プロモーションへのソーシャルメディアビジネス応用に向けた研究 
  ④弊社の新たな主力製品となるソフトウェアの企画及び開発 
の4項目を柱として事業に取り組んで参ります。
 特に②では顧客へのリレーション提供価値の側面から深く考察をしていきながらお客様に新たな価値提案と創造による利益創出をテーマに事業に取り組んで参ります。④の弊社の主力製品となるソフトウェアの企画と開発に関しては近いうちに企画書を作成して開発に取り組みたいと考えており、実用的であることは勿論、教育活用や考え方や体系化としてのフレームとしての活用を考えられるようなソフトウェアになることを期待して企画に着手したいと考えております。少しでも話題にあがるソフトウェアになっていければ嬉しく思います。

 情報収集・教育の場としてはソーシャルメディアの活用・商工会議所等を利用して集いや会へ積極的に参加を行っていく所存です。そういった場で知り合った方々を大切にして絆となるような繋がりへと昇華させ公私共にご支援・ご指導頂きながら仕事へとつなげていけましたら嬉しく存じます。

 今後も経営改善に努め、社会に貢献する会社になるよう邁進して参ります。
 
 遅ればせならが今年度もなにとぞ、ソーシャル・インフォナレッジを宜しくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ