Social-infoknowledge@起業家経営日誌 with livedoor blog

 新米起業家の毎日を経営日誌として掲載しています。設立に関する商業登記の話、マーケティングの話、社会保険関連、ビジネス関連の話などを掲載しております。  ご覧になって下さっている方により良い影響を与えていけましたら幸いに存じます。

カテゴリ: SOI@新米起業家の経営日誌!?

 久しぶりの更新です。最近の生活やライフスタイルの変化として、昨年に「合同会社」の法人から「個人事業主」に変更して開設して、これまで進めずに残してしまっていたプログラム改良やWebサイトのコンテンツ拡張など法人と異なり利益目的だけではなく、自分の考えや研究の側面からこれからの営業方針を定めることができるようになり、肩の荷がおりたように気持ちで事業を進めることができるようになりました。

 さて最近の個人事業主としての営業方針として、プログラミングスキル向上は勿論、より実用的に、開発手法を可視化できるように「フレームワーク」を使用したWebコンテンツ開発に着目して、より体系的で実用的に開発手法を可視化していこうと考え、MVCモデルパターンのPerl言語での代表的なフレームワークである「Catalyst」を使用したモジュール開発を進めています。今回はこのフレームワークをご紹介して書かせて頂きます。

 PerlとはPractical Extracition and Report Languageの頭文字をとったプログラミング言語で当初はレポート作成言語として開発されており、文字の処理能力に優れた開発言語です。Perlはインタプリタ言語で1986年にLarry WAll氏によって生まれたUNIX文化に色濃く移す言語であり、UNIXはもちろんWindows、マッキントッシュなど様々なOS上で動かすことができ、実用性と多様性を重視しており、CGI言語としての使用は勿論、ウェブ・アプリケーション、システム管理、テキスト処理などのプログラムを書くのに広く用いられています。


 さてここでご紹介するフレームワークとは基本テンプレートコードを呼びます。フレームワークを使った開発では開発方針や基本的なコードはフレームワーク部分によって事前に組まれているため、開発時間の短縮、開発生産性の向上につながります。またフレームワークによって構造の統一化が図られ、リリース後のカスタマイズも容易にできます。


 今回、ご紹介するCatalystはWebアプリケーションを開発するためのWebアプリケーションフレームワーク(WAF)と呼ばれperl言語を使用したWebアプリケーション開発で代表的なフレームワークの一つとして知られています。このCatalystを選択した理由として比較的ドキュメントが豊富で解析が容易であったためこのフレームワークを選択しています。


 なぜPerlのプログラミングスキルを伸ばしていこうと考えたのか。それは個人的な趣向です。情報業界の現況として現在AI開発などが主流となってきて、Python言語でGoogleライブラリを使用した開発が着目されているようで、興味はあるのですが、Perlの読みかけの書籍などが数書籍手元にあり今回はPerl言語開発をマスターしていきたいと思います。


 以下、私が制作中のPerl言語やフレームワーク解析を進めて書かせていただいているドキュメントサイトです。参考程度。

▶ドキュメント制作サイト:Object Oriented Perl DocumentWorkSpace

 
 このフレームワークは10年前から存在しておりますが度その利便性を考えると現在でもMVCパターンを使用したフレームワークは使用されています。今、解析を進めているのは[Catalyst]ですが、後々[dancers]など他の代表的なフレームワークの解析も進めていきたいと考えています。


 実際このテンプレートコードを使用してみた感想は、前述のとおり基本的なコードが組まれていることで非常に使いやすく効率的にプログラミングを進めていけることができることは当然ですが、構造の単一化がしやすいことが特徴的だと感じました。このフレームワーク解析を進め更にドキュメントサイトの制作を進めていきながら、将来的な開発事業の課題として「可視化した開発手法」をテーマに解析を進めていきたいと考えています。


 さて最後に余談ですが、先日母校の埼玉大学卒業生が経済和会の懇親会に出席してきました。そこで「ニュートリノ」で研究を進めノーベル物理学賞を受賞した梶田栄誉教授と出会い、ご一緒に記念撮影を撮らせていただきました。その分野で世界的にその実績と功績を認められた権威のある方にお会いし、「握手を取り交わして記念撮影」という人生で得ることがあるかどうかの機会を頂戴し、誠に感激、感謝でした。

 私もこの機会を糧にして更に自分なりにテーマをもって営利目的だけではなく、研究的な側面からも考慮して事業方針を定めていこうと決意した機会となりました。

 こんにちは。久しぶりの更新です。今回は現在計画を進めているブランディングプロモーションサイト構築とe-コマースサイト構築計画につきましてご紹介したいと思います。  まずは復習としてブランディング活動とは何でしょうか?
 ブランディング活動とは消費者に商品の品質を約束して期待をよび起こすブランドをマーケティング活動を通じて育成することでブランドの価値・認知を高めていきながら企業の資産価値向上と事業収益を向上させることをブランディング活動と呼びます。  さて今回計画しているのはウェブサイト上でブランディングの観点からプロモーションを進めてe-コマースサイトにユーザーを誘導して販売につなげるサイト構築と構成・販売チャネルの開拓を含んだ計画です。現在、その軸となる第一弾サイトとして「Digital Branding Promotion House(仮名称)」をプロモーションサイトとして制作を進めています。

 企業ブランディングの方法にはその企業ならではの手法と広告・マーケティングチャネルがありますが、本サイトサービスの構築によってその商品のユニークなプロモーションとマーケティングプランを展開することを本企画の軸にこれまでの消費者購入チャネルとは別の新たな消費者を獲得できるチャネルを開拓すること目的にこのサイトを立ち上げました。このようなブランド育成のためのプロモーションサイトを構築して商品のプロモーションとマーケッティングプランを立案して展開することでその商品の売上向上とブランド展開の一翼を担うサイトサービスになることを祈念してサービスを現在考えています。

 今回の企画の主軸は次の5つを挙げたいと思います
20150320

 競合サイトが数多く存在する市場で、本企画で弊社が強みとしていきたい部分は、ブランディングといった観点からマーケティングを考えてプロダクトメーカーと密に連絡を取り合いながら協議の上、サイト上での弊社独自のプロモーション計画を立案・実施・チェック・プラン修正を図りながら販促強化を行い柔軟に展開することが可能であること、そしてそれぞれの消費者の購入ストーリーにあわせたプロモーションイメージを実現することが可能であることです。そのため、数多くの商品を取り扱うECサイトというよりも、ある特定のブランドのプロダクトを扱いながら感動を呼び起こすプロモーションを行いサイト上でその商品の価値を高めるためのプロモーションの一環として貢献するサイト、ブランド支援者となるファンの獲得を図るサイトとしてご検討いただけましたら幸いに存じます。サイトサービスのセールスポイントは独自のコンテンツ配信によるユニークな集客方法によってブランドのファンとなっていただきのリピーターを獲得すること、それによって長期的なブランド支援者のつながりを生み出すことをご提案致します。
 本サービスのサイト構成にはHTMLで制作を現在進行中のDigital Brand Promotion House」プロモーションサイトをはじめ、e-コマースにはCMS機能を最大限に活用したワードプレスを選定、集客にはコンテンツマーケティングを目的としたウェブブログ、ソーシャルメディア・メルマガを取り入れて計画を進めています。

 将来的には次の価値提案を目指しています。
  ①メーカーチャネルとは別の新たなチャネルを利用した商品販売展開
  ②新たなプロモーション・宣伝方法による独自のマーケティングプラン立案と実施
  ③ブログ・マーケティングを利用したユニークな宣伝・広告方法のご提案
  ④商品の長期的なリピーターとなる顧客獲得の見込み
  ⑤リアルな商品のレビューやプロモーション分析レポートの提出、アクセスログ分析レポートの提供

 この記事をご覧になって興味をお持ちいただき商品掲載をご検討いただけましたら幸いに存じます。 「Digital Branding Promotion House」を宜しくお願い申し上げます。

 最後に弊社会社案内を改定致しましたのでこの場を借りてご報告致します。

ご意見ご感想をお待ち申し上げます。
20150321
 2015年版 合同会社ソーシャル・インフォナレッジ会社案内

 こんにちは。今回は企画立案についての取り組みと考え方について書かせていただこうかと思います。
 最近ビジネスアイディアのコンテストサイトコトナスで企画立案をすることにはまっており定期的に企画を提出することを日常に組み入れ自分の能力向上を図っています。
ada76b69.png

 実は本日「ノハナ」の会員基盤を活かした新サービスのアイディアの募集」の選考結果がでましてめでたく「銅賞」に入賞いたしました。これもひとえに皆様のご支援があってのこと、謹んで御礼申し上げます。

 はてさて、反面では金賞・銀賞に至らなかったのは何故なのか?

 第一に「ニーズにマッチングした提案」になっているかということだと考えられます。今回の提案趣旨は「家族に笑顔」を届けるような新サービスということでした。私が提案したのは「携帯/スマホで撮った写真をそのまま編集/加工会員同士で共有/利用/販売可能なコミュニティ型サービスのご提案」ですがそういった面では他の入賞の方に比べて弱かったのかなと思っています。

 次に考えられるのは「企画内容のわかりやすさ」です。金賞・銀賞の方のプレゼン資料を見る限り、「わかりやすい」内容で企画を訴求しており内容は勿論、資料も素晴らしい内容になっておりました。改めて感服です。

 第三に「ストーリー性」だと思っています。プレゼン資料にストーリー性をつくり、相手が企画内容をイメージできるような資料を作成して企画訴求をすることの重要性を再認識しております。

 今回の件で、改めて「提案ニーズにマッチング」した企画内容を立案して「わかりやすい」内容で資料作成を行うと共に更に「ストーリ性」のあるプレゼンで企画内容の強い訴求を行っていくことの重要性を学ばせて頂いた気がします。

 いずれにせよ入賞に至った点は私にとって大変喜ばしいことで光栄の至りです。重ね重ね心より感謝申し上げます。宜しければ「コトナス」サイトに私の提案並びに入賞者の提案資料が掲載されておりますので、ご覧頂きご意見とご感想をいただければ幸いに存じます。
http://www.cotonas.jp/Contest/Detail/00035647

 今後も私共の企画がご期待にそえるよう一層の努力をして企画立案に取り組んでいこうかと思っております。宜しくお願い申し上げます。

 謹賀新年、あけましておめでとうございます。
 昨年は企業設立して一年目ということもあり、身辺が慌しく世話しない一年となりましたが、本年は少しは落ち着いて仕事と向かい合い事業成功に向けて仕事へと取り組んでいけることを心より願っております。まだまだ新米起業家の心持ちで公私共に過ごして参りたいと思っております。

dd41096a.png
 さて早速ですが本年のスローガンとして「誠意と熱意」をベースに次の3つを掲げたいと考えています。

1. ビジネスで関わりのある方への感謝の念を持ち続け「人を大切にする企業へ」
2. ビジネスネットワーク強化と拡大による「繋がりを力へ」
3. 積極的な企画立案と実行モデル開発による「創造を力へ」

 「人を大切にすること」、気がつくと意識から無くなってしまいがちではありますが本当に大切にしなければならない方に感謝の念を持ち続けることを忘れずに事業に取り組むこと、これが最終的にはビジネス成功に繋がります。まずは原点に返り「人を大切にする企業」というイメージを作りあげ私自身もそのスタンスを保ち続けることが私にとっても弊社にとっても重要だと考えます。起業をすることは簡単ではなくその意識を保てなくなってしまうことも実際にはあるのかもしれません。しかし気持ちだけはそういった出来事や「悪しき心」に負けずに真正面から「起業するということ」に向かい合いその環境を与えてくれた方々やご協力頂いた方に感謝をしていきたいと考えています。

 二つ目の「ビジネスネットワークの強化と拡大」は設立当時からのスローガンでありこちらは本年も継続でいきたいと考えています。「繋がりを力へ」

 三つ目は新規のビジネス企画の立案を積極的に行い弊社の社会的な認知を高めながら同時にその企画を実行に移すためのビジネスモデルを構築したいと考えています。具体的には様々なビジネスコンテストに参加して私自身の企画力を更に高めながらその企画を実行する基盤を作り上げ事業へと繋げる企業へと育てあげると共に創造する企業イメージを創っていきたいと考えています。そして「創造を力へ」と代えられる成功モデルを創りあげることが弊社の本年の念願です。

 「ビジネス成功に向けて」熱意と誠意をもって本年も取り組んで参ります。

 まずはこの場をお借りして本年の意気込みとご挨拶とさせて頂きます。

8ab236b3.png
 今年一年、当ブログ共々「ソーシャル・インフォナレッジ」を宜しくお願い申し上げます。

 こんにちは。今回は企業における人事評価税度及び人材アセスメントにおける調査業務について書いていきたいと思います。
 なぜ、今回このテーマで書こうと思ったのか。実は最近引き合いがあり本テーマで提案書を書く機会があったこと、それをベースに新たなサービスの展開を考えていることが理由です。ここ1週間ほど本テーマの本を取り寄せ読み漁っていました。

 さてまずは企業における人事評価制度と人材アセスメントとは何でしょうか?

 企業内の人事評価制度と人材アセスメントは相互に関連しあいながら人材の測定・評価・能力開発・育成支援を行います。人事評価制度は公正・公平な評価を標準化された評価方法で実施することで将来の企業の主力となる人材育成と強い組織作りへと繋がり更にそれに伴いサービス力強化・企業付加価値を生み出し長期的な企業成長へと導きます。
05d43a2f.png


 それに対して人材アセスメントは時には外部機関を利用しながら企業への適正能力・潜在能力・パーソナリティ・行動特性などをディメンションに分けてアセスメント演習などにより測定を行い人材の育成段階における能力開発に活用していきます。
933cb69b.png

 どちらも長期的に企業の有効性のある人材へと育成していく機関として様々な企業が導入して社員育成に活用しています。そこで重要なことは標準化された手法で公正・公平な評価と測定の実施です。そうすることで社員が仕事への意欲とモチベーションを上げることに繋がり支援機関と強い信頼関係と協力体制を構築することができます。その結果、企業のコンピテンシーモデリングとなる、重要なポジションを担う人材へと育てるための能力開発及び人材育成支援を実現することへと繋がります。

 更に高いリーダー素質を持つ人材が企業内の重要ポジションにつくことで強い組織を成長する、その結果事業業績貢献へと繋がり経営目標を達成へと導くことで長期的な企業成長へとつながることでしょう。その為には社員に本取り組みを周知させご協力を仰ぎながら事業目標・経営目的達成に向けて効果的な評価制度・測定方法へと改善を続けていくことが必要です。

 どの企業も評価手法・演習ケースについては慎重に選択して実施することは勿論、試行錯誤をしながら現状の評価手法を検討なされていると思いますが、それでも外部機関が客観的に調査を依頼して様々な側面から効果的に機能しているのか定期的に調査を実施することは検討なされているはずだと考え本提案を作成致しました。将来的に弊社の主力サービスとなるご提案になればと思い本提案には期待を寄せています。宜しければ本提案をご覧頂きご意見・ご感想を頂けましたら幸いに存じます。

 更に本提案に付随するサービスとして人事評価制度と人材アセスメントの2つの側面から評価をする新たなソフトウェアの開発に着手していこうと現在考えています。正月中にある程度設計を進め開発へと着手するつもりで検討しています。

 新たなサービスを創出すること、生み出すまでは非常に苦労と試行錯誤の連続ではありますが絶対に形にしていきたいという意思を保ちながら毎日企画を立案をしています。利益が上がるまで知識の吸収と立案の毎日かもしれません・・・。年末間近ではありますが最後まで気を抜かずラストスパートで。頑張っていきましょう!!


2014年 12月20日 採用面談・社員育成・研修におけるアセスメント演習・診断ツール調査業務についてのご提案

2014年 12月15日 人事評価制度効果測定における調査業務のご提案

ソーシャル・インフォナレッジ開発ソフトウェア『Sales strategy Research support』はこちら↓
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se505541.html
ソーシャル・インフォナレッジ開発ソフトウェア『Sales strategy Planning support』はこちら↓
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se505233.html

↑このページのトップヘ